2005年06月14日

知力と落書き

落書き、知力低下反映? 単純な絵などばかり 仙台

 仙台の街を汚す落書きの質が低下してきた。もちろんどんな内容であれ犯罪だが、以前の落書きはメッセージや芸術性を感じさせるものも少なくなかった。それが最近は単色で、排せつ物の単純な絵やわいせつな文言などばかり。仙台で落書き消しのボランティア活動を続ける団体は「知力が落ちたのか、低年齢化が進んだのか」と嘆いている。


 えっと…この記事はアレですか? 私にツッコミを入れさせるための撒き餌ですか? 釣りですか? ご要望通りに釣られてみせますよ。
 いや、本当にどこからどうツッコミを入れるべきか迷うくらいにツッコミどころ満載でこまりますな〜。

 まず「知力低下」というのは、「誰の」知力なんでしょうか。これで「最近の若者はバカ」とか言い出すのなら、若者は怒るべきじゃないのかな? だって、そういうのでバカにされているわけだしさ。
 ま、これは私が学力低下の話題に関して使う反論と同じ方法ではあるんですけど、そもそも若者でそういうことをしている人間の数自体がどうなんだ、という話。「落書きの数は増えている感じ」という極めて曖昧なものだけ。しかも、これは「落書きをした人」ではなくて、「落書きされた物」の比較でしかない。ということは、「落書きする人数は減っているんだけれども、その少ない落書きする人が大量にするようになった」という可能性が考えられるわけですね。
 内容が「単純で雑」っていうのは言いかえれば、一つ一つを描くのに掛かる手間は少ない、と言う事。やたらと凝った落書き1つ作るのと、単純で雑な落書き10ならば、後者の方が手間が掛からない可能性もありますよね。つまり、落書きの数(面積)と落書きをした人間の数は必ずしもリンクしない、というわけです。もし、これを学力低下とかを語る口実に使いたいのであれば、まずは落書きで検挙なり補導なりをされた人数を示していただきたい。

 さらに、です。落書きした人間の知力が落ちている、として、それは怒るべきことなのか、ということでもあります。
 当たり前のことだと思うのですが、家庭とか学校とかで「落書きをしてはいけません」なんて教育はしていると思うんですよ。それが浸透した結果、とも考えられませんか? つまり、そういう教育が浸透して、普通の感覚を持った人間はしなくなった、と。もっと簡単に言えば、「落書きなんぞするのはバカの中のバカだけ」と…。ま、真相は知りませんけれども、可能性としては考えられますし、そうであれば悪いこととも言い切れない(いや、落書きそのものは悪いことですけど、世の中が悪くなった証明ではない、ってことですよ)。

 最後に、中央大学の教授の話がありますが…すべてこの人の憶測ですね。データも何も示さずにただただ「最近の若者はダメ」と言っているだけ。
 さっきも書いたわけですが、暴走族の規模縮小なんていうのは、社会が撲滅の為に頑張った結果とも言えるわけですよ。それ自体は喜ばしいことなわけですよ。それを「個人主義化が進んだ結果だ」などと言って、さも暴走族は是認するようなのはいかがなものかと思いますが。
 この教授が言っている、若者の個人主義化が進んだために自己満足なメッセージ性も何も無い単純な絵柄が増えた、というのが証明されるためには以前と同じだけの人数が書いているという前提が必要。それは、落書きの数では比較できません。落書きで検挙なり補導された人数を比較することでしょう(勿論、これだって時期によって取り締まりにバラツキはあるので、単純にはいかないでしょうけど、落書きの数よりはマシなはず)。単に「落書きが単純化している」ことだけを見て、「最近の若者は〜」などと言い切ってしまうような教育者の方が余程知力に問題があるんじゃないかと私は思うのですが。




posted by まえとも at 16:56| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補充に使っちゃいけません!

学校図書整備費、廃棄分補充に充てるな…文科省通知

 文部科学省は、地方交付税として措置している「学校図書館図書整備費」について、各学校図書館の蔵書を増やすための経費だとの趣旨を徹底する通知を全国の都道府県教育委員会に出した。


 「学校図書館図書整備費は新しい本を買うための費用であって、古くなって処分した本の補充に使っちゃいけません」。いや、文部科学省の言っていることは正しいと思うんですよ、はい。正論だとも思うわけです。ただ、これを見て思うのは、学校が「補充のために」予算を使うのもまた仕方が無い部分があるんじゃないか、っていう風にも思えるんですよね。
 私は図書館で働いているわけでも何でもないので、単なる想像の域を出ないのですが、図書館が人件費だとか、そういう費用を除いて、本そのものに掛かる費用っていうのは新しい本の購入代と、蔵書を維持費の二つに大別されると思うんですよね。
 文部科学省は「学校図書館図書整備費」というのは「新しい蔵書を増やすためだけに使いなさい」といっているわけですよね。そこで思うのは、「じゃあ、維持費分は増えているの?」ということ。
 何だかんだ言って、書籍って言うのは消耗品なんですよね。紙は古くなれば脆くなったりしますし、何十回、何百回、何千回と人間の手で読まれればそれだけ汚れたりするわけですからね。まして、小中学校の図書館なら相手が子供なわけですから普通の図書館なんかよりよほど消耗の度合いは激しくなりやすいでしょう。
 蔵書数が増えるということは、即ち維持費が多くなる、ということです。「学校図書館図書整備費」で、蔵書数を増やすことは良いと思います。でも、蔵書数は増えたけれども維持費は変わらない、では仕方が無いんですよね。蔵書数はたくさんあります。でも、ボロボロで貸し出せません、物凄く汚くて触るのも嫌です…って状態では、何の意味もありませんから。「学校図書館図書整備5か年計画」というものの一環として「学校図書館図書整備費」が出ているということは、その「5か年計画」が終れば、予算はもとに戻るとも受け取れます。維持すべき蔵書の数は激増しました。でも、維持費は変わりません…となったらどうなるでしょうか? 私には、蔵書の維持ができず、蔵書はいっぱいあるけど、ボロボロでロクに読めないとか、汚くて触ろうとすら思えない本が溢れてしまうのではないかと思うのですが…。そうなった場合、「図書館の充実」とは逆行してしまいますよね。
 「学校図書館図書整備費」が蔵書の拡張ではなくて、蔵書の維持に流用されているという事実そのものが、「学校図書館」の苦しい財政状況を象徴している出来事だと思います。もし充実させたいのであれば、「学校図書館」に対する予算そのものを根本的に見直す、つまり、「学校図書館」に対する予算そのものを大きくするべきだと思うのですが。
posted by まえとも at 07:15| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。