2005年06月16日

猥褻性って何だろう?

漫画のわいせつ性めぐる裁判、二審も有罪 罰金刑に

 露骨な性描写がある成人向け漫画「蜜室(みっしつ)」を売ったとして、わいせつ図画頒布の罪に問われた出版社「松文館」(東京都豊島区)社長・貴志元則(もとのり)被告(56)の控訴審判決が16日、東京高裁であった。漫画本がわいせつ物にあたるかが公開の法廷で争われた初のケースで、田尾健二郎裁判長は一審と同様にわいせつ物と認めた。一方、量刑判断のなかで「DVDなどの実写表現に比べるとわいせつ性は低い」と情状について考慮。懲役1年執行猶予3年とした一審・東京地裁判決を破棄し、罰金150万円を言い渡した。


 いわゆる、松文館裁判って奴ですな。結構、この裁判に関しては私も注目をしているので、この記事に関して思うことを。
 神奈川県のゲーム規制なんかとも、基本的には共通した感想なのですが、こういう「猥褻性」にしても「暴力性」にしてもそうですが、その「基準」は何だろう? という根本的な疑問が浮かぶんですよね。

 判決は、昨年1月の一審判決の判断手法をほぼ踏襲した。51年の最高裁判決が示したわいせつの定義である「(1)いたずらに性欲を刺激し(2)普通人の正常な性的羞恥(しゅうち)心を害し(3)善良な性的道義観念に反するもの」を引用。そのうえで、「蜜室」がこの定義にあてはまるかどうかについても「四畳半襖(ふすま)の下張事件」の最高裁判決(80年)が示した、性描写の作品全体に占める比重▽芸術・思想性による性的刺激の緩和の程度――などの判断基準に沿って検討した。


 とのことなのですが、客観的な材料としては「性描写の比重」くらいなものでしょう(もっとも、これだって1シーンだけ滅茶苦茶濃い描写がされている作品ならOKなのか? ってことになりますけどね)。それ以外は、裁判官の主観に基づくものでしかありません。
 (1)いたずらに性欲を刺激し…って、どういうので性欲を刺激されるのかは人それぞれでしょ。(2)普通人の正常な性的羞恥心を害し…まず、普通人っていうのは何でしょう? 正常な性的羞恥心って何でしょう? 「普通」だの「正常」だのっていうのは、かなりあやふやなものです。私の普通と、あなたの普通は別物であってもおかしくはありません。結局、「裁判官の主観」でしかないわけですよね。これは(3)に関しても一緒。
 その基準で判決が行われた、ということは言いかえれば、検察・弁護士双方の対決の必要が無い、っていう風にも取れるのですが。

 その結果、「大半が性描写に費やされており、平均的読者がこの漫画から一定の思想を読み取ることは困難」と指摘。「性的刺激を緩和する思想的、芸術的要素もない」などとして、わいせつ物だとの判断を維持した。


 正直、エロマンガに芸術性もクソも無いと思うのですが、それを言ってしまった場合、全てのエロメディアは猥褻物ですよね。アダルトビデオや官能小説に思想や芸術を求める読者っているんでしょうかねぇ?(笑)
 そもそも、この事件の発端は、中学生だか高校生だかの子供がこの漫画を持っていて激怒した親が、国会議員である平沢勝栄に相談。平沢が、自らの出身である警察を動かして…ということなんですよね。
 この経緯で考えると、猥褻性云々はともかくとして、まず責任を考えるべきなのは、描いた側ではなくて買った側・売った側のように思うのです。この本は、いわゆる成人指定の本で、18歳未満に売ってはいけませんよ、っていう本です。それを守らずに売った書店、買ったその子供が出てきていないんですよね。それを飛び越して、いきなり猥褻性だとかの方向に持って行っているところに疑問を感じざるを得ません。




posted by まえとも at 13:59| クアラルンプール ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。