2005年05月17日

競馬で合コン

「合コン」「リムジン」で若者呼び戻し作戦 大井競馬場

 東京・大井競馬場が減少の一途をたどる若者ファンを呼び戻そうと、ナイター競馬を見ながらの「トゥインクル合コン」と、リムジンハイヤーでのお出迎えを始めた。11月までの企画で、応募者多数と滑り出しは上々。競馬場側は「若者が増えてくれたら来年も続けたい」と意気込む。


 私自身は、大井競馬っていうものに対して、あんまり良い印象を持っていないのですが、こういう風に色々な工夫をして、また「おしゃれな競馬場」みたいなイメージ作りをしている、というのは戦略としては面白いなぁ…と感じます。
 でも、これでふと思うんです。競馬で合コンって難しいよなぁ…と。

 私、何度か競馬関係のオフ会とかにも参加したことがあるのですが、実のところ、あんまり競馬場で、その参加者と話ができなかった、という感覚があります。というのは、案外、競馬場で競馬を楽しみながら…っていうのは忙しいからなんですよね。
 レースの間隔は30分くらいでしょうか。そうすると、その間に、競馬新聞を読んで、出走馬などを確認する。パドックなどで馬の状態を確認する。そのようなデータを元に予想をする。そして、マークシートを塗りつぶして近くの売り場まで馬券を買いに行く。そして、レーススタート!
 言葉にするとこれだけなのですが、案外、それだけをやっていても時間っていっぱいいっぱいなんですよね。それに加えて、自己紹介だのアピールだのって…難しいですよ(笑)
 もう一つは、話題の難しさ。競馬場ですから、どうしても話題は競馬の話題になりますよね。まさか、レースを無視して王様ゲームとかやっているとは思えませんし(笑) ところが、私だけかもしれませんが、いざ予想に集中しようとしたときに、他人から何だかんだ言われるのはこの上なく煩わしい(笑) 参加者の意見に「得意の競馬を女性陣にアピールできた」とありますけど、あんまりアピールし過ぎると却って嫌われないか? とか思うわけですよ。だって、自分が1番良いと思った馬をいきなり、「その馬はこういうデータがあるから絶対に来ないよ」とか即座に否定されたら嫌でしょ?(笑) 知識量とかあるのはわかるけど…。

 記事を見ていると、まだ始まったばかり。今後、これでどのくらいの効果(?)が上がったのか追跡調査をしてほしいところです。




【関連する記事】
posted by まえとも at 11:45| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3694503

この記事へのトラックバック

競馬場で合コン
Excerpt: って、ありなんすかね? 今日、朝日新聞WEBを見てると、そんな記事を発見した。 [「合コン」「リムジン」で若者呼び戻し作戦 大井競馬場] http://www.asahi.com/national/..
Weblog: うさぶろ
Tracked: 2005-05-18 01:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。