2005年05月26日

有害性の基準は何?

残虐ゲームソフト、神奈川県が全国初の販売規制へ

 残虐な殺害シーンなどを含むゲームソフトの販売規制のため、神奈川県は、特に残虐性や暴力性の高いソフトを県青少年保護育成条例に基づき、有害図書類に指定する方針を明らかにした。
 30日の県児童福祉審議会に諮問する。指定されれば、6月にも県内での18歳未満への販売禁止と、店頭での一般ソフトとの区分陳列が義務づけられ、悪質な違反者には30万円以下の罰金が科せられる。同県によると、条例で残虐ゲームソフトを有害図書類として規制するのは全国で初めてという。


 この問題に関しては、以前、松沢知事が会見で言った際にも意見を書いたのですが、本気でやろうとしているみたいですね。ちなみに、この会見であるとかがいかに杜撰かは、神奈川県に質問をした方のやりとりの記事を参照されると良いかと思います。

 さて、この記事を見て私はふと思いました。「有害」か否かはどうやって判断するのだろう、と。
 とりあえず、「有害」なものが含まれている、ということ前提にします。次に、「有害」性の判断の方法もあるものと仮定します。本当は、その2つの部分からして疑問を呈することができるわけですが、そこまで話を広げたくないですから(笑)

 まず、そうなると最初に考えるべきことは、「ゲームによる悪影響はどのようなものか」という部分でしょう。松沢知事の会見内容などからして、これは「ゲームをやることによって、暴力性が高まる」とか、そのような類の話と考えられます。となると、これは心理学、メディア論などの分野と言えるでしょうね。
 さて、それでは、審議をする神奈川県児童福祉審議会の委員のプロフィールを見てみましょう。大学教授などの研究者も多く含まれていますが、「児童福祉審議会」というだけあって、殆どが「児童福祉論」などの専門家であり、メディア論であるとか、心理学の専門家はおりません。まぁ、高野陽氏は、精神医学などに関して専門知識がありそうですが…(どうも調べてみると、栄養学などの方に傾いているきらいもありますけどね)。
 そうすると、彼らはどうやってそれを「有害」かどうかを判断するのでしょうか? 言っちゃ悪いですけど、素人だらけですよ、このメンバー。まして、本来、このようなことに関しては、専門家でも議論が別れている状況。そんなときに素人が出てきて、何をするんでしょうか? 私には理解しかねますが。
 「審査は同審議会社会環境部会の委員9人が、実際にゲームのプレー画面を見て行うが、「有害」と指定するかどうかは各委員の判断に委ねられる」。先ほどは、「有害」の判断方法がある、という前提を作りましたけれども、実際にはそれすらない状況なわけですから、この1文が意味することはこうなります。「委員個人の主観で有害かどうかを決めます」。果たして、これに何の意味があるのか。明確な基準も無く、「私がまずいと思ったから有害図書」とすることに、極めて違和感を感じるとともに、危険性を感じざるを得ません。

 なお、性犯罪を犯した少年の多くが「AVを見て、自分も同じ事をしたくなった」と回答していることについて、斎藤環氏は『「負けた教」の信者たち』の中で、以下のような見解を示しています。
 裁判官や条例改正論者が提唱する「有害なわいせつ性」なる社会通念が、青少年の犯罪者に、格好の「いいわけ」を提供しているのではないか。

 「ゲームを見て云々」といった事を言う犯罪者達についても、私は同じ事が言えるのではないかと思うのですが。




posted by まえとも at 04:26| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
条例化は反対。ただし規制は必要。
一案としては業界がまとまって、映倫のような年齢別指定制度の確立が望ましいのでは・・・
Posted by のびぃ太 at 2005年05月26日 20:37
私も別に、好き勝手に作れ、とは思いません。
ただ、一応、現在も業界団体のレーティングはありますし、それらを無視して、明確な基準すらない主観による規制というのに問題は無いのか? ということが気になって仕方が無い、という部分のわけです。
Posted by まえとも at 2005年05月27日 02:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3904548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。