2005年05月31日

お上の対応に注目

NHK今度は集金スタッフが下着ドロ…相次ぐ現場不祥事

 NHK静岡放送局の男性営業地域スタッフ(59)が、静岡県函南(かんなみ)町で主婦(26)の下着を盗み、窃盗の現行犯で静岡県警三島署に逮捕されていたことが30日、分かった。受信料の集金に訪れた家のベランダから盗んでいた。NHKは一連の不祥事で、受信料不払いが74万件超と苦しい状況が続いているが、またも“現場”での不祥事が発生し、関係者はため息をつくばかりだ。


「購読しろ」押し売り2時間=朝日新聞販売店員を逮捕−千葉

 新聞購読契約を2時間以上しつこく迫ったとして、千葉県警生活経済課と千葉西署は30日、特定商取引法違反(禁止行為)容疑で、千葉市花見川区幕張町、朝日新聞販売店員鈴木淳容疑者(32)を逮捕した。容疑を認めているという。
 調べによると、鈴木容疑者は5月3日午後8時50分から11時ごろまで、県職員の男性(35)の住むアパートの玄関先で、同新聞を購読するよう強引に契約を迫った疑い。
 男性が「新聞はいいです(要らないです)」と断ると、「ありがとうございます」と応じて揚げ足を取り、「ごみになる」と言うと「ごみとは何だ」と怒鳴っていた。
 契約しなかったのに翌朝、新聞が配達され、男性が交番に相談した。
 

上の記事は、今朝のワイドショー(ニュース?)番組でやっていたのて見つけた記事。下の記事は、昨日、Yahooを見ていて見つけた記事。どちらも、マスコミの下部組織で起きた事件と言って良いと思います。これを見て、上がどう対処するかに注目したいですね。
 まぁ、NHKの方はテレビ(ラジオ)なので、その場を見逃してしまえばあとはわからないのですが、少なくとも上の記事を見る限りは「NHKという組織の問題」として扱っているように感じます。また、時間はわかりませんが、ちゃんと放送に載せて謝罪したことも評価して良いでしょう。
 一方、朝日新聞の方は、こちらのようにWEBに載せ、本紙の方にも同じ内容が載っています。しかし…社会面の片隅にベタ記事で載っているだけなんですよね。本紙だけの人は、本当に隅々まで目を通さないと気づかないでしょうね。そして、会社のコメントも「取引先である販売所の従業員」と言うように、あくまでも「別個の組織」をアピールしているわけです。現実には、片務的な契約によって実質的に本社がコントロールできる状況にある。そして、新聞社からのノルマという辺りで、個人的な性癖の問題と言えるNHKの下着泥棒とは全く別の組織的問題も見えてくるにも関わらず。
 勿論、私はNHKの方は自分で確認しておらず、記事の抜粋部分だけでの判断なので不公平という指摘はその通りです。ただ、それを鑑みても両者の対応は大違いだと思うのは、私だけでしょうか?




posted by まえとも at 06:48| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4026409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。