2005年05月16日

新動物占い

新動物占い

 特にネタにしたいこともないので、日記才人で流行っているみたいなこの占い結果も(笑)

 えっと…私の結果は…素朴な雰囲気のライオンらしいです。ふむふむ…。

あなたはどんな男性?

 いつまでも若く元気な人が多いのもこの
タイプです。
 ですから少々無理なことでも、意地と気
力で乗り切ってしまえるパワーを持って
います。


 う〜ん…友人から、「お前は枯れた奴」という評価を受けているし、大抵は実年齢よりも老けて見られるんですけどねぇ…(笑)

あなたの本質

 注意深い堅実主義者のあなたは、綿密な資料を集め、確実なデータをもとに行動する慎重派でもあります。


 この辺りはそうかも。注意深いっていうよりも、疑い深い、の方がより正確な気がしないでもないですが(^^;)

相性

相 性(恋愛編)

恋人としての相性

○黒ひょう 完璧主義なあなたと、スキの無い黒
      ひょうと相性はぴったり。
×たぬき  優柔不断なたぬきにイライラする。

結婚相手としての相性

○ライオン 好みがうるさい同士で、趣味が合えば
      理想的な夫婦になれる。
×ぞう   ルーズな象の性格に怒り爆発。

相 性(仕事編)

上司

○ライオン 礼儀や形式にこだわるライオン同士で
      意気投合、気に入られて出世も...
×さる   ラフな猿の上司にとってライオンの部下
      は堅苦しく、煙たい存在。

部下

○ライオン やはり同類のライオン同士が相性がいい。
×たぬき  言いつけた仕事を忘れて、失敗の多いタ
      ヌキにうんざり。


 この辺りは多分、正解。基本的に、買い物だとかは最初から目的を持って、それだけ買って直帰っていう感じの性格だから、「こっちが良いか、それとも向こうか…」なんて迷ってるの見るだけイライラしてきますし(笑) そういう意味では結構、あっているのかな? この占い。

 ところで、数年前(だったと思う)に流行った動物占いと何が違うんでしょ、「新・動物占い」ってのは?




posted by まえとも at 07:17| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

映倫、ソフ倫、ビデ倫

アダルトゲーム千点押収 少女監禁事件の小林容疑者宅

 警視庁に監禁の疑いで逮捕された小林泰剛容疑者(24)の札幌市中央区の自宅から、アダルトゲームソフト約1000点が押収されていたことがわかった。警視庁の捜索で鎖やセーラー服なども見つかったという。
 捜査1課の調べでは、押収されたゲームソフトは女性に暴行をふるったり、監禁したりする内容が多い。うつ病と神経症に関する本なども見つかったという。
 小林容疑者は03年8月に札幌地裁で傷害などの罪で有罪判決を受けた事件でも、アダルトゲームに興じる中で、女性を意のままに操って自己満足を得ることを企てた、と指摘されていた。


 何か、記事の最後の文章に関してはいつものことなので「阿呆くさ…」としか思えないんですけれども、こういう事件で「ゲームの悪影響でしょう」とか言い出すことについて、別の意図を想像してしまうんですよね。ま、確証も何も無い、ただの私の想像ですが。
 このゲームにしてもそうだし、歴史を見ればその前には、アダルトビデオであるとか、はたまた映画であるとかと、みんな悪影響論が取り沙汰されてきたわけですよね。
 ところが、考えてみれば、今回のアダルトゲーム辺りも、(同人ゲームみたいなものは別として)多くはチェック機関が検閲して「お墨付き」を与えているんですよね。アダルトゲームならば、コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)のお墨付き(?)シールが貼られています。勿論、ビデオであればビデ倫、映画であれば映倫のものがね。何か事件が起きると、まず叩かれるのが作っているメーカーと販売している店になるわけですが、メーカーとしてみればお墨付きを貰ったわけですし、販売店も「OKですよ」と言われたから売っている部分があるわけで、全くチェックとして機能していないチェック機構もまた本来は批判されるべきではないだろうか? と思うわけです。
 で、あまり私も詳しくは無いのですが、よく言われるのが、ビデ倫とかっていうのは、警察OBなどの天下り先で、そういう人達がチェックという名のもの上映されるのをぱっと見て「はい合格」とかやっているという話。これが本当だかどうだかは知りません。
 ただ、これが本当だとすれば、警察だとかが「○○の悪影響」なんていうのは、別の意図が大きいんじゃなかろうか? と考えられるんですよね。つまり、今回なら「アダルトゲームは悪ですよ〜」と宣伝することで、世間の「良識ある」大人の皆さんは、「規制しろ」っていう方向になる。そうすると、当然、チェック機構だとかが権限を大きくなることを期待する。権限を大きく、ということは、それだけ人員だとかも大きくなるわけだから、警察OBなどの天下り先としても大きなものにできる…と。今、官僚の天下りっていうのは、マスコミ辺りが何はともあれ叩いておこうっていう空気が強いですよね。ところが、ゲームとかの新メディア叩きに関しては、マスコミの側に取っても共通の敵なので応援してくれる。ということは、警察だとかの「ゲームの悪影響だろう」みたいなコメントは、堂々と天下りできる場所を確保するための戦略で、犯罪防止とかとは全く別物ではなかろうか? などと思えて仕方がありません。
 とはいえ、殆ど想像だけで書いた文章ですから実際はどうだかわかりませんけどね。




posted by まえとも at 11:08| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

「率」だけ見てどうする

高卒の就職率94.1% 大卒を4年ぶり上回る

 この春の新卒者の就職率で、高卒者(3月末現在)が前年同期に比べて2ポイント増の94.1%と、同0.4ポイント増で93.5%となった大卒者(4月1日現在)を4年ぶりに上回った。厚生労働、文部科学両省が13日発表した。企業の業績回復に伴う求人増が背景にあるが、企業の都合で勤め先が変わる派遣や請負などの形での就職が増えている側面もある。


 え〜っと…この記事で「景気が回復傾向にある」っていうのはどうだろうか? とまず思った私です。これ、比較として重要な点が欠けているような気がしてならないんですよね。そう、「高卒の就職希望者」の数そのものが全く比較されていない点です。
 物凄く簡単な比較ですけど、一昨年、高卒の就職希望者が100人中50人だったとして、そのうち30人が就職できれば、就職率60%になります。が、昨年、就職希望者が100人中40人になり、就職できた人数が25人だったとすれば就職率62,5%になるわけですよね。となると、「就職率」の数字だけで言えばば、2,5%の上昇となります。が、これは景気回復の証拠というのは無理ですよね。だって、就職できた人間の数そのものは逆に減っていますし。
 勿論、この記事が私の言った通りかどうかはわかりません。だって、分母の部分は無いんですから。何だかんだで増えつづけている大学進学率、はたまた色々と取り沙汰されているフリーター、NEETなんていうことの話を鑑みれば、就職希望者というものの全体値が減っているのではなかろうか? と思えてならないのですが。




posted by まえとも at 11:31| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

「キーワード」

キーワードはチャット 
 「小林華澄」「御門」「スコール」。
 18歳の少女を首輪でつなぎ、3ヶ月にわたって東京都内のホテルや自宅に監禁したなどとして、11日に警視庁に監禁の疑いで逮捕された札幌市中央区、小林泰剛容疑者(24)は、インターネットのチャットに参加していた。そこでは、女性の名前を含む三つの名を使い分けていた。


 とりあえず、朝日新聞37面の記事の冒頭部分。サイトの方に記事が載ったら、リンクしておこうかと思っています。
 さて、この事件に限らず何か事件・事故が起きると必ず「キーワード」が作られて、それに対する追求(バッシングなど)が起こります。しかしねぇ…、どうもそれに拘り過ぎて、おかしくなっていないだろうか? と思う部分が多くあるんですよね。
 例えば、この記事を見ていると、小林容疑者はチャットでいわゆる「ネカマ」をやって少女に接近し、暴行・監禁に及んだ、と書かれています。そして、昨年6月の長崎県佐世保市の同級生殺害事件も「ネットが一因と言われている」なんて感じで話が進んでいます。
 ところが、です。この小林容疑者の場合、今回の事件では「たまたま」チャットを利用していただけ、と考えるべきだと思うんですよね。現に以前、事件を起こしたときは同棲していた女性を利用して監禁した、なんて言うのが既にニュースであるとかで流れています。となれば、「チャット」はキーワードとは言えないでしょう。
 大体、「ネカマをやると、女性が警戒心を抱きにくい」なんて記事にあるんですけど、相当な技術が必要ですよ、それ。私なんて、全く女性の気持ちだとか理解できませんもん(笑) 私なんかがネカマやれば一発でバレると思うんですよね。明らかに女性離れしていて(笑) いや、男性の気持ちはわかるつもりなんで、男性を騙すことは出来ると思うけど(笑) 結局、ネカマをやるにしても女性の気持ちを理解する(想像する)とかが必要です。そう考えると、ネカマで出来るってことは、実際に面識があった場合なども、その行動はできてしまっていたのではなかろうか? と私は想像するわけです。少なくとも、チャットでネカマをやれば誰でも出来ること、では無いと思います。
 「キーワード」なんて言葉で括るということは、それを全ての原因だ、とスケープゴートにする、ってことなんですよね。そんなことをしたところで、ただのいたちごっこで何の解決にもならないと思うのですが…。丁度、法律を作れば、新たな方法で詐欺やら何やらをする連中がいるのと同じように…。

 ところで、この小林容疑者が名乗った名前…元ネタっぽいものを全部想像できてしまう自分が嫌なんですけど…(苦笑)




posted by まえとも at 06:13| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に増えた?

子供の性被害:昨年1年間で2600件 10年前の7割増−−毎日新聞全国調査

 中学生以下の子供が被害に遭った強姦(ごうかん)・強制わいせつ事件(未遂を含む)が、警察に届け出があっただけで昨年1年間で2600件を超えることが、毎日新聞の都道府県警への調査で分かった。警察庁の10年前(94年)の統計(1530件)より7割増えた。事件の増加とともに、「泣き寝入り」しないという被害者側の意識の変化で届け出が増えた側面も指摘されるが、実際の被害件数はさらに多いとみられる。(社会面に連載「魂の殺人 狙われる子供の性」)


 昨日、少女を監禁していた、なんて事件が発覚して大騒ぎになってみたりしているわけなんですけど、この記事を見てまず思ったのが、「本当に増えたのだろうか?」という点です。過去の日記で、何度も書いているんですけど、「幼児虐待の増加」は最近の親が凶暴になった…わけではなくて、これまで民事不介入だの何だので、事件扱いされていなかったものが、方針の変更でどんどん認知・検挙を行うためになった、というのが一番多いわけなんですよね。同じ事は、こちらでも言えると思うんです。
 まぁ、強姦だの強制猥褻だのというのは、昔から駈けこめば犯罪にはなったと思うんですが、それでも言い出しにくい環境があったわけですよね。例えば、「男を誘うような格好をしていたのが悪い」だの、何だの…。まして、最近、(少なくとも報道の上では)増えている教師によるものなんかは、「学校の先生は絶対」みたいな世間の意識が背景にあったこともあるでしょうし。そう考えると、現在は大分言い出しやすくなったはずで、それに伴って検挙数が増えるのは全く問題無いと思います。
 逆にいえば、これまでひたすら隠れていたものがあったとも言えるわけで、この増加は、それが炙り出されている最中ではないかと考えるんですよね。むしろ、良くなっている証拠ではないかろうか…などと考えてしまう私です。




posted by まえとも at 00:58| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

お引越し

タイトルの通りです。
HPビルダーとか弄繰り回しながらちょこまかと更新するのが面倒くさくなったので、こちらのブログに引っ越すことにしました。ここ2ヶ月くらい、かなり更新頻度が下がっていたので、こちらに移行して少しは挙げられれば…と考えております。
前の日記の時の跡地は、何かに使えると思うので残しておきますが、向こうは更新停止すると思いますので、よろしくお願いいたします。




posted by まえとも at 12:59| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。